福島原発事故の損害賠償訴訟 「故郷での日常奪われた」 – 東京新聞

2014-06-19

福島原発事故の損害賠償訴訟 「故郷での日常奪われた」
東京新聞
東京電力福島第一原発事故の影響で、福島県から埼玉県などに避難している六世帯十六人が、国と東電に計約二億三千百万円の損害賠償を求めた訴訟の第一回口頭弁論が十八日、さいたま地裁(脇由紀裁判長)であった。福島県浪江町からさいたま市に避難している原告の …
原発事故集団訴訟 被災者ら意見陳述「生活めちゃくちゃ」埼玉新聞
東日本大震災:原発避難賠償請求 原告「責任取って」 国・東電側、棄却求める−−地裁初弁論 /埼玉毎日新聞

all 4 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業