福島原発 国民にツケ、批判必至 負担8兆円増を国費要請

2016-10-05

電力業界団体の電気事業連合会(電事連)が、東京電力福島第1原発事故の損害賠償・除染費用について、東電ホールディングスを含む大手電力各社の負担額が当初計画を約8兆円上回ると試算し、国費での負担を政府に非公式に要望していることが分かった。原発事故を巡っては、廃炉費用も想定を上回る見込みで、東電が政府に支援を要請している。国費負担がふくらめば、納税者である国民に原発事故のツケが更に重くのしかかることになる。

続き/詳細は、毎日新聞の記事をご参照ください。2016/10/5>

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業