福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない – ハフィントンポスト

2015-12-27

ハフィントンポスト

福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない
ハフィントンポスト
私個人の判断としては、今回の原発事故による直接的な健康被害は軽微なものであると考えられるものの、避難生活や地域コミュニティの破壊などによって生じた損失および間接的な地域住民の健康への甚大な影響、日本という国家全体の信用の低下や賠償などによって生じた …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業