福島第一原発事故の三つの教訓を活かせ - 発災から三年を経ても続く政府の「あいまい戦略」 - – BLOGOS

2014-03-11

福島第一原発事故の三つの教訓を活かせ - 発災から三年を経ても続く政府の「あいまい戦略」 -
BLOGOS
福島第一原発事故の最大の教訓を三つ挙げるとすれば、第一は原子力安全規制の再構築、第二は原子力損害賠償制度の見直し、そして第三が使用済み核燃料の最終処分方法の確立ですが、最後の使用済み核燃料の最終処分は、原発政策の立場にかかわらず、「未来への 
原発事故から3年 補償打ち切り加速に懸念エコノミックニュース (プレスリリース)

all 6 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業