福島第1原発事故:東電が「全損扱い」 川俣・山木屋地区 – 毎日新聞

2014-03-16

福島第1原発事故:東電が「全損扱い」 川俣・山木屋地区
毎日新聞
原発事故で避難指示解除準備と居住制限の両区域に指定されている福島県川俣町山木屋地区の住民が東京電力に賠償の増額を求め、国の原子力損害賠償紛争解決センターに集団で申し立てた和解仲介手続き(原発ADR)で、東電が土地や家屋の財物を「全損」とみなすなど 
山木屋地区住民 東電と和解読売新聞
福島)山木屋の住民と東電、和解へ 財物は「全損」に朝日新聞
東電が財物「全損扱い」受諾 山木屋で和解金20億円支払いへ福島民報

all 6 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業