福島第1原発:郡山で損賠紛争審査会 首長、指針策定要求 – 毎日新聞

2012-01-27

毎日新聞

福島第1原発:郡山で損賠紛争審査会 首長、指針策定要求
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故に伴う損害賠償の指針を決める原子力損害賠償紛争審査会(会長=能見善久・学習院大教授)が27日、福島県郡山市で開かれ、避難区域の再編によって影響を受ける12市町村長らが意見を述べた。福島県での開催は初めて。首長らは再編後の賠償指針
原発賠償格差に懸念=「地域分断」と地元市町村-紛争審時事通信
進まぬ賠償 市町村長から不満の声NHK
原発問題】参加新聞社のニュース(1月26日)「重い十字架背負わされた」 26市町村、東電に賠償要望47NEWS
日本経済新聞 –文部科学省
all 10 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業