福島第1地下水放出、第三者が安全監視 県漁連に東電と国 – 日本経済新聞

2015-08-25

福島第1地下水放出、第三者が安全監視 県漁連に東電と国
日本経済新聞
放出開始後、1~4号機の護岸海側に設置され今は一部が開いている「海側遮水壁」を閉じることなど5項目を要望。漁業・水産業者への損害賠償の継続や汚染水の厳重な保管管理も盛り込んだ。 福島第1原発では建屋への地下水流入により汚染水が日々大量に発生している。

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業