福島第1廃炉、原賠機構が指導 8月から新体制 – 日本経済新聞

2014-05-14

福島第1廃炉、原賠機構が指導 8月から新体制
日本経済新聞
東京電力福島第1原子力発電所の廃炉に向けた管理体制が8月から変わる。14日に関連法改正が成立し、政府の原子力損害賠償支援機構が東電に廃炉や汚染水対策も指導する仕組みになる。機構にはメーカーや研究機関から約50人の専門家を集め、廃炉作業を加速する。
廃炉や汚染水対策強化の改正法成立NHK

all 5 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業