移植の効果「視力0.1程度」=過剰な期待懸念、将来は向上-iPS臨床 – 時事通信

2013-06-30

移植の効果「視力0.1程度」=過剰な期待懸念、将来は向上-iPS臨床
時事通信
目の難病患者を対象に、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った世界初の臨床研究を目指す理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の高橋政代プロジェクトリーダー(52)が30日までに時事通信のインタビューに応じ、臨床研究では症状が進行した患者から移植 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業