稲わら汚染、賠償請求へ – 読売新聞

2012-02-15

読売新聞

稲わら汚染、賠償請求へ
読売新聞
東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で放射性セシウムに汚染された稲わらが牛に与えられていた問題を受け、肉牛の出荷額が風評被害で下落したとして、JA長野中央会などは、東電に損害賠償を請求する方針を決め、14日から県内の畜産農家に説明を始めた。3月9日

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業