第2部営業損害(10) 「死ねと言うことか」 政府、東電「終了」の素案 – 福島民報

2015-02-12

福島民報

第2部営業損害(10) 「死ねと言うことか」 政府、東電「終了」の素案
福島民報
経済産業省資源エネルギー庁と東電の担当者は、原発事故に伴う営業損害の終期について考え方を説明した。渡辺さんは県病院協会の一員として臨んだ。テーブルに置かれた資料は、営業損害賠償原発事故から5年となる平成28年2月分で終了するとした素案だった。

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業