第3部 課税(20) 将来設計不透明に 納税額に振り回され – 福島民報

2015-05-18

福島民報

第3部 課税(20) 将来設計不透明に 納税額に振り回され
福島民報
営業損害賠償が口座に振り込まれたとしても、受取額の多くは、1000万円を超す社会保険料の納付分や納税分で消えると目算する。 工場の再稼働に向けては、古里の不透明な先行きも二の足を踏ませる。町は東京電力福島第一原発事故から6年後の平成29年3月を避難 …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業