第3007号 – 週刊医学界新聞

2012-12-17

第3007号
週刊医学界新聞
中板 保健師は皆「地域の健康課題をとらえる」という観点から,さまざまな人で溢れかえった避難所を“地区割り”し,一人ひとりの住民から健康状態を聞き出し,適切な保健医療につなげる役目を果たしました。 加藤 実際に支援活動を行った保健師によれば,発災直後から寝食を忘れて地域を走り回り,保健・ …. 加藤

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業