第6部 ADR・訴訟 浪江(38) 苦痛の増加認める センター 避難の現状反映 – 福島民報

2015-12-19

第6部 ADR・訴訟 浪江(38) 苦痛の増加認める センター 避難の現状反映
福島民報
渡部さんは東京電力福島第一原発事故発生後、避難者の所在確認などで多忙を極めた。妻と娘3人は親類を頼り、さいたま市に避難した。離れ離れの生活は次第に心の距離も遠ざけた。家族と一緒にいるべきか。町民に寄り添うべきか。葛藤した。24年12月、入庁時は考えもし …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業