第7部 ADR・訴訟 地域事情(45) 裁判が解決の近道 判決まで2年の見方も – 福島民報

2016-02-07

福島民報

第7部 ADR・訴訟 地域事情(45) 裁判が解決の近道 判決まで2年の見方も
福島民報
ADRで原子力損害賠償紛争解決センターが和解案を提示したとしても、強制力はない。東電が応じるとは限らず、長期化どころか、解決に至らない可能性もある。裁判は手続きなどが煩雑だが、最終的に早期解決につながると期待しての判断だった。 慰謝料請求に向けた活動は …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業