“脱原発”弁護士が自らメガホン 映画「日本と原発」の説得力 – 日刊ゲンダイ

2014-11-15

日刊ゲンダイ

“脱原発”弁護士が自らメガホン 映画「日本と原発」の説得力
日刊ゲンダイ
… と原発」がそれで、監督はダグラス・グラマン事件、イトマン事件など数々の経済事件を担当して凄腕の金融弁護士と称された河合弘之。90年代から脱原発運動に関わる彼は、近年は大飯原発差し止め訴訟や、東電の歴代取締役に5兆5045億円という世界最高額の損害賠償 …

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業