茨城・常陸大宮 本西の内紙保存会 時代超え進化する和紙 – 毎日新聞

2016-02-17

茨城・常陸大宮 本西の内紙保存会 時代超え進化する和紙
毎日新聞
例えば、江戸時代には火事が起きると、商家は売買の勘定を記した帳簿を井戸の中に放り込んで避難したと伝えられています。後で井戸から引き上げて乾かしたら、文字が消えずに残り、元のように使えたのです。水戸藩2代目藩主、水戸光圀公が編さんした「 … 登録対象になったのは、石州半紙(せきしゅうばんし

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業