被曝と向き合いながら 気遣う日常「折り合いつけた」 東日本大震災4年 – 朝日新聞

2015-03-07

朝日新聞

被曝と向き合いながら 気遣う日常「折り合いつけた」 東日本大震災4年
朝日新聞
渡辺さん宅は、住民が帰還できるように環境整備を進める「避難指示解除準備区域」になっている山木屋地区の隣にある。事故直後に義父が線量計を買ってきた。屋内を測ると、高いところは毎時0・6マイクロシーベルトあった。 埼玉県の実家へ子ども2人と避難すべきか迷った。

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業