被災の教訓学ぼう 東京の高校生が住民と交流 – 河北新報

2016-05-10

被災の教訓学ぼう 東京の高校生が住民と交流
河北新報
初めて被災地を訪れた宮内茉衣花さん(16)=さいたま市=は「震災時に避難所まで3時間歩いたという話を聞き、災害に備えて避難場所や家族との連絡手段を確認しなければならないと肝に銘じた」と話した。 歌津地区で自宅を流失した主婦小野寺みづ江さん(89)は「真剣な顔 …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業