被災地の現状理解 全国の中学生が福島県内を取材 – 福島民報

2014-12-22

被災地の現状理解 全国の中学生が福島県内を取材
福島民報
参加した高橋冴和さん(埼玉県・松伏二中三年)は「放送をしてくれる人がいないと情報を得ることができない。伝えてくれる人に … 震災、東京電力福島第一原発事故直後の浪江町の様子や避難生活の現状などを聴き、熱心にメモを取り、生活ぶりをカメラに収めた。仮設住宅の集 …

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業