被災者には「こころのケア」より「からだのケア」を – WEDGE Infinity

2012-03-08

被災者には「こころのケア」より「からだのケア」を
WEDGE Infinity
避難所の集団生活から、仮設住宅の独居生活に移れば、他者の眼という抑止力が失われる。アルコール依存のリスクも当然高くなろう。 筆者は昨年6月、埼玉県加須市の避難所に医療支援に出かけた。多くの被災者と面談し、その結果気づいたことは、運動不足の深刻さである。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業