被災者向け住宅確保を終了 – 山陽新聞

2012-12-26

被災者向け住宅確保を終了
山陽新聞
入居中の6世帯については、被災地で仮設住宅の提供期間が延長されたのに合わせ、無償期間を2年から3年に拡大する。県住宅課は「今後も県内への避難希望があれば柔軟に対応したい」としている。 県によると、県営住宅を利用した被災者は福島、宮城、茨城、埼玉、千葉県

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業