被災者雇い新会社 – 読売新聞

2012-03-29

読売新聞

被災者雇い新会社
読売新聞
県内に避難している被災者らにも就職を働きかけ、吉田社長を含む社員10人のうち、被災地出身者は8人(岩手2人、宮城、福島各3人)になった。 彩の設立は、行田市に浄化槽工場を持つ陶磁器や浄化槽のメーカー「ニッコー」(石川県白山市)が発案し、かつて仕事で取引

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業