裁判官が避難区域視察=原発事故集団訴訟で―福島[時事] – ガジェット通信

2016-03-17

裁判官が避難区域視察=原発事故集団訴訟で―福島[時事]
ガジェット通信
東京電力福島第1原発事故で居住地を奪われたなどとして、福島県内外の避難者ら約4000人が国と東電に原状回復や損害賠償などを求めた訴訟で、福島地裁の金沢秀樹裁判長らが17日、避難指示区域を視察した。原告や国、東電関係者ら計約50人が防護服を着て参加 …

and more »

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業