親身で迅速な賠償を 県原子力損害対策協 政府と自民に要望 – 福島民報

2013-01-22

公明新聞

親身で迅速な賠償を 県原子力損害対策協 政府と自民に要望
福島民報
避難指示区域の財物損害などについては東京電力福島第一原発事故後6年までの賠償の方向性を示しているが、その後の賠償の在り方が不透明なため、将来的な見通しを明らかにするように求めた。被害者の請求権が3年間で失われる民法の消滅時効を東京電力が今後も
原発賠償 きめ細かく公明新聞

all 2 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業