警報周知、分かりやすく 自治体職員ら対象 /埼玉 – 毎日新聞

2016-01-28

警報周知、分かりやすく 自治体職員ら対象 /埼玉
毎日新聞
関根教授は、鬼怒川が決壊した日は特別警報が出ていたのに多くの住民が避難しなかった点を踏まえ、「ハザードマップを見て怖さが分かるのは専門家だけ」と指摘。豪雨や浸水の危険性を伝えるために被害のシミュレーション動画をインターネット上で公開し、家庭で見られるよう …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業