越生町がマーク入りビブス 視覚障害者の避難生活を支援 埼玉 – 産経ニュース

2015-04-17

越生町がマーク入りビブス 視覚障害者の避難生活を支援 埼玉
産経ニュース
町総務課によると、東日本大震災では視覚障害者が避難所で自らの障害を言い出しにくく、困ったという報告例があった。こうしたことを受け、避難生活中、障害者には第三者による配慮が必要な場面も予想されるとして、視覚障害者を示すビブスを避難所で配布することになった。

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業