越谷住民 後片付けに追われる 書店員「ぬれた本に心痛む」 – 東京新聞

2015-09-12

東京新聞

越谷住民 後片付けに追われる 書店員「ぬれた本に心痛む」
東京新聞
県内で最も大雨の被害が大きかった越谷市では、十一日朝にはほとんどの浸水地域で水が引き、被災住民が後片付けに追われた。 十日早朝から線路が冠水し同日夕方まで運休となった東武伊勢崎線せんげん台駅は、十一日は平常通りとなった。ただ、駅周辺の商店の被害は …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業