踏切で倒れていた男性を救出 男女3人に寄居署が感謝状 – 埼玉新聞

2015-09-02

踏切で倒れていた男性を救出 男女3人に寄居署が感謝状
埼玉新聞
佐藤さんは遮断機をくぐり、雨で重くなった男性の身体を引きずった。「助けようと夢中だった。恐怖は感じなかった」。そこへ騒ぎを聞きつけた近所の清水さんも加勢。2人で男性を安全な場所へ避難させた。踏切を出た時、ちょうど目の前を電車が通過した。間一髪の救出劇だった。

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業