身の丈に合った登山を 昨年 ブームで県内の遭難最多 – 東京新聞

2014-02-10

身の丈に合った登山を 昨年 ブームで県内の遭難最多
東京新聞
救助隊の飯田雅彦副隊長(55)は「防寒着や登山靴だけでなく、初心者でも地図の知識を身に付け、日没時間や山の形状を把握し、緊急時のエスケープルート(避難路)を決めるなど、登山計画を立てることは基本だ」と指摘。登山届の提出は任意だが「万が一のため必ず出して 

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業