身近な自死と25000人を考える『ジャーナリスティックなやさしい未来』第66回 – ニュース屋台村

2016-01-22

身近な自死と25000人を考える『ジャーナリスティックなやさしい未来』第66回
ニュース屋台村
… 法人理事兼事務局長など。東日本大震災直後から「小さな避難所と集落をまわるボランティア」を展開。 … 都道府県別で最も多かったのは、ストレスが多い過密社会である東京の2471人で、これに神奈川の1382人、埼玉の1301人が続く。分析では「働き盛り」と一般的に言 …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業