転入デザイナー玉野で活動原発事故契機に関東から2人 – 山陽新聞

2012-03-18

山陽新聞

転入デザイナー玉野で活動原発事故契機に関東から2人
山陽新聞
ジュエリーデザイナー西野与吟さん(37)は同10月、埼玉県入間市から家族4人で、築100年以上という田井の古民家に移り住んだ。古民家を住居とした上で、今春中には工房兼店舗として開設させようと準備中だ。5歳と9歳の娘がいる西野さんは「子どもの未来を考える

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業