透析患者団体が東電に賠償請求 – 朝日新聞

2012-11-03

透析患者団体が東電に賠償請求
朝日新聞
透析の患者団体「県腎臓病協議会」(二本松市)は1日、原発事故で精神的、身体的な被害があったとして、東京電力に損害賠償を請求した。患者1人あたり120万~40万円の支払いを求めている。 同協議会は「避難する間に透析の時間や回数が減り苦痛を受けた」と説明。
東電に透析患者の賠償請求 県腎臓病協議会福島民報

all 5 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業