過半数がPTSDの可能性 避難中の福島県民 – 中日新聞

2014-05-09

過半数がPTSDの可能性 避難中の福島県民
中日新聞
東日本大震災がきっかけで福島県から首都圏に避難した住民を対象に支援団体がアンケートを実施、回答者の57・7%が心的外傷後ストレス障害(PTSD)の可能性があるとする結果を9日、公表した。 「震災支援ネットワーク埼玉」などが3~4月、震災や福島原発事故で東京都 …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業