選挙:全町避難の福島・浪江町長選 訴え届かず、声聞こえず 居住地ばらばら、候補も有権者も嘆き – 毎日新聞

2015-11-12

毎日新聞

選挙:全町避難の福島・浪江町長選 訴え届かず、声聞こえず 居住地ばらばら、候補も有権者も嘆き
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県浪江町の町長選(15日投開票)で、立候補した現職と新人2人の3陣営が県内外に散らばる有権者に訴えをどう届けるか苦心している。特に有権者の4分の1を占める県外避難者の詳しい居住地を把握できないケースが多く、有権者からも「これで『民意を問うた』と

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業