遺族「妻の苦悩届いた」・原発避難者自殺訴訟 – 河北新報

2014-08-27

遺族「妻の苦悩届いた」・原発避難者自殺訴訟
河北新報
福島第1原発事故で避難していた福島県川俣町山木屋の養鶏場従業員渡辺はま子さん=当時(58)=の自殺をめぐり、遺族が東京電力に約9100万円の損害賠償を求めた訴訟。福島地裁は26日の判決で「自殺と原発事故との間には相当因果関係がある」と判断した。

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業