避難の大熊町民ら交流 孤立防止へ 松戸の団体が企画 – 東京新聞

2014-11-16

東京新聞

避難の大熊町民ら交流 孤立防止へ 松戸の団体が企画
東京新聞
東京電力福島第一原発事故により福島県大熊町から避難している町民同士の交流会が十五日、松戸市松戸の交流サロン「黄色いハンカチ」であった。県内や東京、埼玉避難生活を送っている町民十四人が参加。町職員から復興の現状報告を聞き、食事をしながら懇談した。

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業