避難の子らにウサギの雛人形 埼玉・加須のボランティア – 朝日新聞

2013-07-31

避難の子らにウサギの雛人形 埼玉・加須のボランティア
朝日新聞
【柴田眞樹】東京電力福島第一原子力発電所事故後、県内に避難している福島県の中学校や児童福祉施設に贈るため、ボランティア39人が、加須市民プラザでウサギの雛(ひな)人形作りに取り組んだ。 福岡県在住の人形作家・管原美東(すがはらみさき)さんがデザインした 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業