避難の宿泊、公費で負担=ストーカー被害者保護―来年度、対策強化・警察庁 – ガジェット通信

2014-08-28

毎日新聞

避難の宿泊、公費で負担=ストーカー被害者保護―来年度、対策強化・警察庁
ガジェット通信
ストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)の被害者に危害が加えられる事態を防ぐため、警察庁は28日、ホテルへ緊急避難する被害者の宿泊費を全額公費で負担する制度を、2015年度に始めることを決めた。15年度予算の概算要求に関連費用を盛り込む。 ストーカーとDVの加害者は別れた交際相手や配偶者に執
警察庁、一時避難の費用全額負担 ストーカー・DV被害防止沖縄タイムス

all 31 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業