避難の少女、埼玉で看護師に 東日本大震災5年…尊い命、温かい仲間 – 埼玉新聞

2016-03-04

避難の少女、埼玉で看護師に 東日本大震災5年…尊い命、温かい仲間
埼玉新聞
東日本大震災が起きた2011年3月、高校2年生の少女は福島県で暮らしていた。それから5年。福島第1原発事故で住む場所を失った少女は、避難してきた埼玉で成人、看護師になった。 多感な時期に経験した震災と原発事故で、胸に刻まれた命の尊さや人の温かさ。誰よりも …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業