避難住民減らず 1都6県に今も3万人 – 東京新聞

2013-03-09

東京新聞

避難住民減らず 1都6県に今も3万人
東京新聞
東日本大震災や東京電力福島第一原発事故によって、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の1都6県では、3万人を超す被災者が今も避難生活を余儀なくされている。1年前と比べ、わずか4.2%減のほぼ横ばい状態。故郷に帰りたくても帰れず、生活再建が進まない

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業