避難先でもつながってるよ 福島・大熊町の婦人会2年ぶり会報 – 東京新聞

2013-06-06

避難先でもつながってるよ 福島・大熊町の婦人会2年ぶり会報
東京新聞
自分は(家族と離れて)一人、会社のある埼玉県に単身赴任で来て、現在も仕事をしております」「ふる里の生活がいかに幸せだったかと、しみじみと懐かしく思い出します」。それぞれの思いがにじむ。 原発事故後、会の活動は休止を余儀なくされた。一年後の一二年三月、会員の

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業