避難勧奨非指定の伊達市民 「賠償格差不当」と申し立てへ – 河北新報

2013-01-23

避難勧奨非指定の伊達市民 「賠償格差不当」と申し立てへ
河北新報
福島第1原発事故で局地的に放射線量の高い特定避難勧奨地点に指定されなかった福島県伊達市の住民約1000人が、東京電力に1人月10万円の賠償金の支払いを求める裁判外紛争解決手続き(ADR)を原子力損害賠償紛争解決センターに2月1日にも申し立てる。

避難勧奨非指定の伊達市民 「賠償格差不当」と申し立てへ – 河北新報

避難勧奨非指定の伊達市民 「賠償格差不当」と申し立てへ
河北新報
福島第1原発事故で局地的に放射線量の高い特定避難勧奨地点に指定されなかった福島県伊達市の住民約1000人が、東京電力に1人月10万円の賠償金の支払いを求める裁判外紛争解決手続き(ADR)を原子力損害賠償紛争解決センターに2月1日にも申し立てる。

カテゴリー

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業