避難半年、揺れる住民=残った特養「退職深刻」、望郷胸に開店―福島・飯舘村 – とれまがニュース

2011-12-02

避難半年、揺れる住民=残った特養「退職深刻」、望郷胸に開店―福島・飯舘村
とれまがニュース
原発事故の後、県から避難先として埼玉県内の施設を紹介されたが、長距離移動や環境変化による負担を考慮し、国の承認を得て村に残った。 事故前は外で日なたぼっこを楽しんでいた入所者も今は外出を控え、窓を閉め切ってカラオケなどで過ごす。ホームは約450万円で

and more »

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業