避難女性ら手作り つるし雛色鮮やか – 東京新聞

2014-06-27

東京新聞

避難女性ら手作り つるし雛色鮮やか
東京新聞
熊谷市永井太田の能護(のうご)寺で、つるし雛(びな)など色鮮やかな布細工が展示され、寺を訪れた人たちの目を楽しませている。東京電力福島第一原発事故で福島県楢葉(ならは)町から同県いわき市に避難している女性らが、長引く避難生活に不安を抱える中で「心の復興 …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業