避難所で二度目のお盆 人びとはなぜ、残っているのか – 東京新聞

2012-08-18

避難所で二度目のお盆 人びとはなぜ、残っているのか
東京新聞
福島原発事故で福島県双葉町から避難した人びとのうち、約二百人が現在も埼玉県の旧騎西高校(加須市)の避難所で暮らしている。ちなみに被災三県では、全ての避難所が閉鎖された。弁当の支給などがあるため、仮設住宅で暮らす他の町民からは「不公平だ」という不満も

避難所で二度目のお盆 人びとはなぜ、残っているのか – 東京新聞

避難所で二度目のお盆 人びとはなぜ、残っているのか
東京新聞
福島原発事故で福島県双葉町から避難した人びとのうち、約二百人が現在も埼玉県の旧騎西高校(加須市)の避難所で暮らしている。ちなみに被災三県では、全ての避難所が閉鎖された。弁当の支給などがあるため、仮設住宅で暮らす他の町民からは「不公平だ」という不満も

避難所で二度目のお盆 人びとはなぜ、残っているのか – 東京新聞

避難所で二度目のお盆 人びとはなぜ、残っているのか
東京新聞
福島原発事故で福島県双葉町から避難した人びとのうち、約二百人が現在も埼玉県の旧騎西高校(加須市)の避難所で暮らしている。ちなみに被災三県では、全ての避難所が閉鎖された。弁当の支給などがあるため、仮設住宅で暮らす他の町民からは「不公平だ」という不満も

カテゴリー

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業