避難生活厳しさ訴え 精神賠償増額ADR審理 浪江町民が陳述 – 福島民報

2014-02-13

避難生活厳しさ訴え 精神賠償増額ADR審理 浪江町民が陳述
福島民報
東京電力福島第一原発事故を受け浪江町民が集団で精神的損害賠償の増額を原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)の第2回口頭審理は12日、都内で開かれた。町民の代表者が意見陳述し、避難生活の厳しい現状を訴えた。 口頭審理 

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業