避難者に憩いの場 – 朝日新聞

2012-11-14

避難者に憩いの場
朝日新聞
さいたま市で被災者支援を続けるIT企業「情報環境コミュニケーションズ」(愛甲裕代表理事)が10月下旬に開業した。運営費は月5万円で、福島県の補助金で賄っている。 営業は平日午前10時~午後5時。市内の避難者がボランティアで常駐し、お茶やお菓子を無料で提供する

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業