避難者の体調データ化 県が400人態勢で 専門機関に橋渡し – 福島民報

2015-04-03

福島民報

避難者の体調データ化 県が400人態勢で 専門機関に橋渡し
福島民報
県は平成27年度から、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による避難が要因の震災(原発事故)関連死を防ぐため、仮設住宅入居者らの心身状況などを電子データ化し、健康管理を進める。見守り活動を担う生活支援相談員を400人に倍増するのに合わせた取り組み …

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業