関東大震災、記録に学ぶ 映像や石碑から被害の実態検証 – 朝日新聞

2014-09-01

関東大震災、記録に学ぶ 映像や石碑から被害の実態検証
朝日新聞
吾妻橋を渡って避難する人がいる一方で、火事を眺めている人たちもいた。 当時の火災の広がりを記録した地図から午後2~3時ごろと推定した埼玉大の西田幸夫特任准教授は「1時間後、ここにも火の手が及び、焼失するが緊迫感がない。火災が起きたら、すぐ逃げることが …

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業